食べるとニキビやニキビ跡に良い影響を与える食品とは?

ニキビを早く治したいからと様々な美容液や化粧品などを探している方がいますが、まずは自信の食生活を見直して見てはいかがでしょうか?

食生活はニキビやニキビ跡を治す上で見落としがちな大きなポイントでもあります。

なぜならあなたの肌を作っているのはあなたが食べた食品だからです。

食生活を見直さなければ治りはとても遅くなるかと思われますので、これを機会に食生活を見直してみてはいかがでしょうか?

 

ニキビやニキビ跡に良い食べ物とは

ヨーグルト

ヨーグルトには乳酸菌が含まれており、乳酸菌には腸内環境を良くする効果があります。腸内環境は肌の免疫力に大きく関係しており、腸内環境が悪化すると肌荒れが起きやすくなってしまいます。肌荒れが起きるとニキビやニキビも出来てしまいますので注意が必要です。

また、ヨーグルト以外でも乳酸菌が含まれる成分を摂取すると効果的です。

乳酸菌が多く含まれる食べ物

  • 漬物
  • 味噌
  • 醤油

だからといって醤油や味噌といった調味料を多く摂取することは避けましょう。これらには塩分が含まれており、塩分を多く体内に取り込むと肌は乾燥を招いてしまいます。

 

野菜

ビタミンCやビタミンAやビタミンEを含む野菜を取ることにより、ターンオーバーの改善に期待できます。単オーバーはニキビやニキビ跡を治す上で欠かせないものですので、積極的に摂取するようにしてください。

クレーターニキビ跡(凹凸)の方はターンオーバーは超重要になってきます。

 

果物

レモンやアセロラなどにはビタミンCを多く含んでおり、ニキビ予防にとても効果的です。

また、ビタミンCにはコラーゲンを生成する効果も期待できますので、クレーターニキビ跡(凹凸)の方は重要です!

 

芋類

食物繊維を多く含む芋類の食べ物もニキビやニキビ跡には良いでしょう。これら食材はニキビ跡に直接アプローチするわけではありませんが、腸内環境を良くする効果があり間接的に必要な食べ物でもあります。

また、さつまいもには皮脂の過剰分泌を抑える効果もありますので、皮脂に悩まされている方にはオススメです。

 

食べるとニキビに悪影響を与える食品とは?

ニキビやニキビ跡をどにかして治したい!

そんな人も多いかと思います。

しかし一刻も早くニキビやニキビ跡を治すには食べ物にも拘る必要があります。

なぜなら、、あなたの肌を作っているのは、あなたが口にした食べ物だからです。

食べ物を改善しなければいつまで経ってもニキビやニキビ跡が治らないといったことになるかもしれません。

 

ニキビやニキビ跡に悪い食べ物

チョコレート

これは良く聞くかと思いますが、チョコレートがニキビに悪影響をあたえるという医学的根拠は証明されていません。ですが、私はチョコレートはニキビやニキビ跡には良くない成分だと思います。

なぜならチョコレートには糖質が多く含まれており、摂取しすぎると皮脂が過剰に分泌され、毛穴詰まりの原因を引き起こすと考えているからです。ニキビの主な原因は毛穴詰まりですので、毛穴の状態には気をつけましょう。

また、チョコレートは糖分が多く含まれています。糖分を取りすぎると、腸内環境が悪化するので肌荒れが起きやすくなってしまいます

腸内環境は皮膚の免疫力と大きく関わりがあり、免疫力が低下した肌はニキビができやすい環境が出来上がってしまいます。新陳代謝やターンオーバーの最適化にも影響を及ぼしますので、やはりチョコレートは避けたほうが良いかと思います。

 

お菓子

チョコレートもお菓子に含まれますが、ここでは分けさせていただきました。お菓子はポテチなどの脂質が服編まれている食べ物です。これらを摂取しすぎると皮脂の過剰分泌になる恐れがあります

また、お菓子にも塩分は含まれており、塩分のとりすぎもニキビやニキビ跡には悪影響を及ぼします。体内の塩分濃度が高まると、細胞内の水分が出ていってしまいます。その結果、肌の乾燥を招きますのでニキビやニキビ跡を悪化させる原因となります。

 

コーヒー&エナジードリンク

コーヒーやエナジードリンクといったカフェインを多く含む食べ物、飲み物にも注意が必要です。カフェインは健康な肌を作るビタミンを体の外へ排出してしまいます

私自身、夜中の仕事を頑張ろうとカフェインが入ったエナジードリンクを飲んでいた翌日にはニキビができたという経験もあります。

おまけに睡眠不足といったお肌にとっては良くない条件をクリアしてしまっていました…

 

お酒(アルコール)

お酒を飲むと、体内に入ってきたアルコールを分解するために臓器(肝臓)が働きます。その肝臓はビタミンCやビタミンBを消費して働くため、肌にとって必要なビタミンが足りなくなってしまします。

毒素であるアルコールを解毒して体外に排出する方が美肌よりも優先と体は判断します。

また、女性の場合はアルコールによってホルモンバランスを崩す恐れがあります。

ニキビやニキビ跡を早く改善したい場合は、しばらくの間は禁酒してみてはいかがでしょうか?

 

ニキビ跡の改善に期待できる食べ物は?

ニキビ跡というのは食べ物によっても改善の効果に期待できるということをご存知でしょうか?

人間の皮膚はたんぱく質で生成されています。

口にしたものが栄養として皮膚の生成に繋がってきます

ですのでニキビ跡を治すには、食べ物にもこだわる必要があるのです。

ここではニキビ跡の改善に期待できる食べ物をご紹介していきます。

 

色素沈着ニキビ跡を改善する食べ物

色素沈着ニキビ跡を改善するには、ビタミンCやビタミンAが含まれている食べ物を摂取すると良いでしょう。しかし、ビタミンCは短期間で体外に排出されてしまう為、定期的に摂取する必要が出てきます。

それに比べビタミンAは体外へ排出されにくく、体内に取り込みやすい成分です。

ビタミンC レモン、イチゴ、ピーマン、芽キャベツ、ブロッコリー、パセリ、パプリカなど
ビタミンA レバー、ニンジン、ほうれん草、卵、海苔など

 

クレーターニキビ跡を改善する食べ物

クレーターとして凹凸ができてしまった肌には、保湿と肌の生成を促す食べ物を摂取すると良いでしょう。

肌の生成を促す効果のあるコラーゲン、コラーゲンの生成を補助する役目のあるビタミンCやアミノ酸や、保湿効果があるビタミンEなどが多く含まれている食べ物を多く摂取すると良いでしょう。

コラーゲン 豚バラ肉、鶏皮、牛スジ、豚足、豚骨、フカヒレ、うなぎ、クラゲ、ゼリーなど
ビタミンC レモン、イチゴ、ピーマン、芽キャベツ、ブロッコリー、パセリ、パプリカなど
ビタミンE ナッツ類、魚介類、めんたいこ、いくら、つくし、かぼちゃ、たらこなど

 

赤ら顔を改善する食べ物

顔の赤ら顔を改善する食べ物としては、ビタミンCやEやリコピンなどが含まれている食べ物を摂取すると良いでしょう。

ビタミンC レモン、イチゴ、ピーマン、芽キャベツ、ブロッコリー、パセリ、パプリカなど
ビタミンE ナッツ類、魚介類、めんたいこ、いくら、つくし、かぼちゃ、たらこなど
リコピン トマト、スイカあんず、ピンクグレープフルーツなど

 

クレーターニキビ跡&色素沈着ニキビ跡|治る期間はどれくらい?

 

クレーターニキビ跡色素沈着ニキビ跡を治そうと思ったらどのくらいの期間が必要ななの?

などと思いますよね。

ここでハッキリと真実をお伝えしますが、クレーターニキビ跡&色素沈着ニキビ跡をキレイに改善するには、数日では出来ません。今日明日で直った、一週間で直ったということは一切ありません。

これは人間の体のターンオーバーという期間に関係してきます。ですのでどんな化粧品、美容液を使ったとしてもある程度期間は同じ感じになってくるかと思います。

ここでは色素沈着ニキビ跡とクレーターニキビ跡の治る期間について紹介していきます。

 

色素沈着ニキビ跡

色素沈着ニキビ跡というのはいわゆるシミのようなものです。赤ニキビや白ニキビと比べて治りにくいのが特徴です。

そんな色素沈着ニキビ跡の原因はメラニン色素が原因です。ニキビが炎症を起こし、皮膚の奥でメラノサイトが活発に効果し、メラニン色素が大量発生してしまうます。

メラニン色素とは・・・ニキビを鎮める為に体内で増えた活性酸素から皮膚を守る効果があります。しかし増えてしまったメラニン色素は肌に沈着してしてシミとなってしまいます。

 

そんな色素沈着ニキビ跡を治すためには徹底的に美白ケアをする必要があります。

短期間で改善するのは難しく、半年~1年はかかるでしょう。

しかし毎日美白効果のあるセルフケアをすれば短期間で改善することも可能かと思われます。(色素沈着の度合いによって異なります。)

メラニンを薄くする成分としてハイドロキノンが含まれている化粧品や、メラニンの生成を抑制する成分として、ビタミンC誘導体が含まれている化粧品を使用することが望ましいです。

プラセンタという成分はメラニンの生成を抑制し、ターンオーバーを改善する効果も期待できます

 

クレーターニキビ跡

ニキビ跡の中で最も症状が深刻で重く、長い期間をかけてアプローチしなければ改善出来ないとされています。

凹凸のあるクレーターニキビ跡ができてしまう原因は、ニキビの炎症によって肌の皮膚の奥までダメージがいってしまったと考えられます。

肌の奥の真皮層まで到達したダメージというのはターンオーバーでは改善できなくなってしまいます

つまり、綺麗な肌に戻すことは不可能ということです。

しかし凹凸のあるクレーターニキビ跡を目立たなくさせる方法は存在します。

毎日のセルフケアとして以下のコラーゲンを増やす成分が含まれている美容液を使用することにより、使用後5年ほどで肌がふっくらと凹凸が目立たなくなる事ができるかと思います。

コラーゲンを増やす効果のある成分として、ビタミンC誘導体、ナイアシン、レチノールなどが含まれている化粧水・美容液を使用してみて下さい。

 

クレーターニキビを治すために必須のニキビ予防

クレーターニキビの治し方と検索すると、様々な方法が紹介されており、

  • 美容液を使った方法
  • 病院で治療を受ける方法

など様々な方が紹介されていますが、私が一番大切だと考えるのは、次のニキビを出来なくさせることだと思います。

クレーター状のニキビというのは、元はといえばニキビが原因です。

ニキビの発生源を抑えなければ、クレーターニキビ跡が治ったとしても、次のクレーターニキビ跡が出来てしまうかもしれません。

そこでここではニキビの予防方法を紹介しています。

男性ホルモンを押さえることは必須

男性ホルモンというと男性だけが注目すべきことに思われがちですが、女性で合っても男性ホルモンは本当に注意をすべきことです。

中学生になって思春期ニキビに悩まされた経験はあるかと思います。

この思春期ニキビというのは、実は男性ホルモンが原因によって出てきたニキビなんです。

女性であっても男性ホルモンがあるということがわかっていただけたでしょうか?

男性ホルモンが増える原因として以下のような要素があります。

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 食事(油物・白米・麺・パン)
  • ビタミン不足

これら要因で男性ホルモンが増えてしまうと、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

皮脂は本来、肌のバイア機能として必要なものなのですが、過剰に分泌されることにより、毛穴に詰まり、詰まった結果ニキビが発生してしまいます。

そしてそのニキビがクレーター状となる可能性があります。

一度クレーターニキビが出来てしまった方は、クレーターニキビ跡ができやすい体質かもしれませんので要注意です。

 

皮脂を抑えるための保湿

ニキビ跡に保湿って関係あるの?

そんな声が聞こえてきそうですが、クレーターのニキビ跡に悩んでいるなら保湿はこだわるべきポイントです。

肌の皮膚の水分量が少なければ水分を補填するために皮脂が分泌されます。

 

皮脂が分泌されるということは、ニキビの原因となりますので、ニキビ跡やクレーターニキビ跡として残ってしまいます。

男性は女性よりも肌の水分量が少ないので、男性は必ず保湿を心がけて下さいね。

 

ニキビ跡の赤みを消したい!その方法とは?

ニキビに悩まさて、やっと治ったと思ったら今度はニキビ跡に悩まされる。

そんな経験をしているのではないでしょうか?

ニキビ跡というのは皮膚の炎症は収まった後ですので、悪性はありませんが、回に出来るプチッとした赤いニキビ跡は女性にとっては嫌ですよね?

ニキビもニキビ跡も一刻も早く治して元の綺麗な肌に戻りたいものです。

ここではニキビ跡の赤みを消すにはどうすれば良いのか?コツとポイントを紹介しています。

 

ニキビ跡の赤みが嫌!どうすれば治る?

ここからはニキビ跡に赤みを治す上で大切なポイントを紹介していきます。

毎日の洗顔

毎日の洗顔は最も大切なスキンケアです。皮膚についた古い角質や皮脂汚れを適度に洗い流すことはニキビ跡を治すのには必要ですし、ニキビが出来るの予防にも繋がります。

人間の皮膚には日頃から皮脂汚れが蓄積されていきます。

これは古い角質などの老廃物で、ターンオーバーによって排出された体にとってはもう不要なものです。そんな不要なものがいつまで経っても肌にあっては顔の皮膚は不潔になる一方でしょう。

この時に使用する洗顔料は肌に優しい成分が含まれているものを選びましょう。また、ニキビが肌にまだある方は、エタノールが含まれている洗顔料は避けるようにしましょう。ニキビへの刺激は少なくしなければ治るのが遅くなるからです。

 

ターンオーバーを見直す

人間の肌にはターンオーバーという機能があります。ターンオーバーとは皮膚の生まれ変わりのことで、古い角質などはターンオーバーによって体外に(垢となって)排出されます。常に新しい皮膚を作ることで丈夫な肌を作っています。

このターンオーバーが崩れると、新しい皮膚が生成されなくなるため、ニキビ跡の治りも遅くなってしまいます。

ニキビ跡であっても皮膚なんです。

ターンオーバーを見直し、正常なターンオーバーにすることで健康な皮膚が生成さニキビ跡はきれいになるかと思います。

ターンオーバーを正常にするには

  • 食生活の改善
  • 睡眠時間の改善
  • ストレスの軽減

などが必要になってきます。

ターンオーバーの乱れはニキビだけでなく、肌荒れにも関係してきますので、これを機会に見直してみてはいかがでしょうか?

 

ニキビ跡に効果的な化粧品を使う

化粧品を使ってニキビ跡を治すことも可能です。

ニキビ跡を治す背引用に化粧品が販売されており、これらを継続的に使用することでニキビ跡を治すことが出来ますし、ニキビ跡のシミなどの対策にもなります。色素沈着してシミになったら嫌ですよね?

一刻も早い対策が必要です。

この時選ぶ化粧品(化粧水)は、ビタミンC誘導体という成分が配合されている化粧品を選んでください。

ビタミンC誘導体は、肌のターンオーバーのサイクルを整える効果が報告されています。その他、肌の免疫力を高めることが出来ますので、ニキビになりにくい肌を作ることが出来るかと思います。

※ビタミンCとビタミンC誘導体は違うものですのでご注意下さい。