クレーターニキビを治すために必須のニキビ予防

クレーターニキビの治し方と検索すると、様々な方法が紹介されており、

  • 美容液を使った方法
  • 病院で治療を受ける方法

など様々な方が紹介されていますが、私が一番大切だと考えるのは、次のニキビを出来なくさせることだと思います。

クレーター状のニキビというのは、元はといえばニキビが原因です。

ニキビの発生源を抑えなければ、クレーターニキビ跡が治ったとしても、次のクレーターニキビ跡が出来てしまうかもしれません。

そこでここではニキビの予防方法を紹介しています。

男性ホルモンを押さえることは必須

男性ホルモンというと男性だけが注目すべきことに思われがちですが、女性で合っても男性ホルモンは本当に注意をすべきことです。

中学生になって思春期ニキビに悩まされた経験はあるかと思います。

この思春期ニキビというのは、実は男性ホルモンが原因によって出てきたニキビなんです。

女性であっても男性ホルモンがあるということがわかっていただけたでしょうか?

男性ホルモンが増える原因として以下のような要素があります。

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 食事(油物・白米・麺・パン)
  • ビタミン不足

これら要因で男性ホルモンが増えてしまうと、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

皮脂は本来、肌のバイア機能として必要なものなのですが、過剰に分泌されることにより、毛穴に詰まり、詰まった結果ニキビが発生してしまいます。

そしてそのニキビがクレーター状となる可能性があります。

一度クレーターニキビが出来てしまった方は、クレーターニキビ跡ができやすい体質かもしれませんので要注意です。

 

皮脂を抑えるための保湿

ニキビ跡に保湿って関係あるの?

そんな声が聞こえてきそうですが、クレーターのニキビ跡に悩んでいるなら保湿はこだわるべきポイントです。

肌の皮膚の水分量が少なければ水分を補填するために皮脂が分泌されます。

 

皮脂が分泌されるということは、ニキビの原因となりますので、ニキビ跡やクレーターニキビ跡として残ってしまいます。

男性は女性よりも肌の水分量が少ないので、男性は必ず保湿を心がけて下さいね。