クレーターニキビ跡&色素沈着ニキビ跡|治る期間はどれくらい?

 

クレーターニキビ跡色素沈着ニキビ跡を治そうと思ったらどのくらいの期間が必要ななの?

などと思いますよね。

ここでハッキリと真実をお伝えしますが、クレーターニキビ跡&色素沈着ニキビ跡をキレイに改善するには、数日では出来ません。今日明日で直った、一週間で直ったということは一切ありません。

これは人間の体のターンオーバーという期間に関係してきます。ですのでどんな化粧品、美容液を使ったとしてもある程度期間は同じ感じになってくるかと思います。

ここでは色素沈着ニキビ跡とクレーターニキビ跡の治る期間について紹介していきます。

 

色素沈着ニキビ跡

色素沈着ニキビ跡というのはいわゆるシミのようなものです。赤ニキビや白ニキビと比べて治りにくいのが特徴です。

そんな色素沈着ニキビ跡の原因はメラニン色素が原因です。ニキビが炎症を起こし、皮膚の奥でメラノサイトが活発に効果し、メラニン色素が大量発生してしまうます。

メラニン色素とは・・・ニキビを鎮める為に体内で増えた活性酸素から皮膚を守る効果があります。しかし増えてしまったメラニン色素は肌に沈着してしてシミとなってしまいます。

 

そんな色素沈着ニキビ跡を治すためには徹底的に美白ケアをする必要があります。

短期間で改善するのは難しく、半年~1年はかかるでしょう。

しかし毎日美白効果のあるセルフケアをすれば短期間で改善することも可能かと思われます。(色素沈着の度合いによって異なります。)

メラニンを薄くする成分としてハイドロキノンが含まれている化粧品や、メラニンの生成を抑制する成分として、ビタミンC誘導体が含まれている化粧品を使用することが望ましいです。

プラセンタという成分はメラニンの生成を抑制し、ターンオーバーを改善する効果も期待できます

 

クレーターニキビ跡

ニキビ跡の中で最も症状が深刻で重く、長い期間をかけてアプローチしなければ改善出来ないとされています。

凹凸のあるクレーターニキビ跡ができてしまう原因は、ニキビの炎症によって肌の皮膚の奥までダメージがいってしまったと考えられます。

肌の奥の真皮層まで到達したダメージというのはターンオーバーでは改善できなくなってしまいます

つまり、綺麗な肌に戻すことは不可能ということです。

しかし凹凸のあるクレーターニキビ跡を目立たなくさせる方法は存在します。

毎日のセルフケアとして以下のコラーゲンを増やす成分が含まれている美容液を使用することにより、使用後5年ほどで肌がふっくらと凹凸が目立たなくなる事ができるかと思います。

コラーゲンを増やす効果のある成分として、ビタミンC誘導体、ナイアシン、レチノールなどが含まれている化粧水・美容液を使用してみて下さい。