ニキビ跡の赤みを消したい!その方法とは?

ニキビに悩まさて、やっと治ったと思ったら今度はニキビ跡に悩まされる。

そんな経験をしているのではないでしょうか?

ニキビ跡というのは皮膚の炎症は収まった後ですので、悪性はありませんが、回に出来るプチッとした赤いニキビ跡は女性にとっては嫌ですよね?

ニキビもニキビ跡も一刻も早く治して元の綺麗な肌に戻りたいものです。

ここではニキビ跡の赤みを消すにはどうすれば良いのか?コツとポイントを紹介しています。

 

ニキビ跡の赤みが嫌!どうすれば治る?

ここからはニキビ跡に赤みを治す上で大切なポイントを紹介していきます。

毎日の洗顔

毎日の洗顔は最も大切なスキンケアです。皮膚についた古い角質や皮脂汚れを適度に洗い流すことはニキビ跡を治すのには必要ですし、ニキビが出来るの予防にも繋がります。

人間の皮膚には日頃から皮脂汚れが蓄積されていきます。

これは古い角質などの老廃物で、ターンオーバーによって排出された体にとってはもう不要なものです。そんな不要なものがいつまで経っても肌にあっては顔の皮膚は不潔になる一方でしょう。

この時に使用する洗顔料は肌に優しい成分が含まれているものを選びましょう。また、ニキビが肌にまだある方は、エタノールが含まれている洗顔料は避けるようにしましょう。ニキビへの刺激は少なくしなければ治るのが遅くなるからです。

 

ターンオーバーを見直す

人間の肌にはターンオーバーという機能があります。ターンオーバーとは皮膚の生まれ変わりのことで、古い角質などはターンオーバーによって体外に(垢となって)排出されます。常に新しい皮膚を作ることで丈夫な肌を作っています。

このターンオーバーが崩れると、新しい皮膚が生成されなくなるため、ニキビ跡の治りも遅くなってしまいます。

ニキビ跡であっても皮膚なんです。

ターンオーバーを見直し、正常なターンオーバーにすることで健康な皮膚が生成さニキビ跡はきれいになるかと思います。

ターンオーバーを正常にするには

  • 食生活の改善
  • 睡眠時間の改善
  • ストレスの軽減

などが必要になってきます。

ターンオーバーの乱れはニキビだけでなく、肌荒れにも関係してきますので、これを機会に見直してみてはいかがでしょうか?

 

ニキビ跡に効果的な化粧品を使う

化粧品を使ってニキビ跡を治すことも可能です。

ニキビ跡を治す背引用に化粧品が販売されており、これらを継続的に使用することでニキビ跡を治すことが出来ますし、ニキビ跡のシミなどの対策にもなります。色素沈着してシミになったら嫌ですよね?

一刻も早い対策が必要です。

この時選ぶ化粧品(化粧水)は、ビタミンC誘導体という成分が配合されている化粧品を選んでください。

ビタミンC誘導体は、肌のターンオーバーのサイクルを整える効果が報告されています。その他、肌の免疫力を高めることが出来ますので、ニキビになりにくい肌を作ることが出来るかと思います。

※ビタミンCとビタミンC誘導体は違うものですのでご注意下さい。