食べるとニキビやニキビ跡に良い影響を与える食品とは?

ニキビを早く治したいからと様々な美容液や化粧品などを探している方がいますが、まずは自信の食生活を見直して見てはいかがでしょうか?

食生活はニキビやニキビ跡を治す上で見落としがちな大きなポイントでもあります。

なぜならあなたの肌を作っているのはあなたが食べた食品だからです。

食生活を見直さなければ治りはとても遅くなるかと思われますので、これを機会に食生活を見直してみてはいかがでしょうか?

 

ニキビやニキビ跡に良い食べ物とは

ヨーグルト

ヨーグルトには乳酸菌が含まれており、乳酸菌には腸内環境を良くする効果があります。腸内環境は肌の免疫力に大きく関係しており、腸内環境が悪化すると肌荒れが起きやすくなってしまいます。肌荒れが起きるとニキビやニキビも出来てしまいますので注意が必要です。

また、ヨーグルト以外でも乳酸菌が含まれる成分を摂取すると効果的です。

乳酸菌が多く含まれる食べ物

  • 漬物
  • 味噌
  • 醤油

だからといって醤油や味噌といった調味料を多く摂取することは避けましょう。これらには塩分が含まれており、塩分を多く体内に取り込むと肌は乾燥を招いてしまいます。

 

野菜

ビタミンCやビタミンAやビタミンEを含む野菜を取ることにより、ターンオーバーの改善に期待できます。単オーバーはニキビやニキビ跡を治す上で欠かせないものですので、積極的に摂取するようにしてください。

クレーターニキビ跡(凹凸)の方はターンオーバーは超重要になってきます。

 

果物

レモンやアセロラなどにはビタミンCを多く含んでおり、ニキビ予防にとても効果的です。

また、ビタミンCにはコラーゲンを生成する効果も期待できますので、クレーターニキビ跡(凹凸)の方は重要です!

 

芋類

食物繊維を多く含む芋類の食べ物もニキビやニキビ跡には良いでしょう。これら食材はニキビ跡に直接アプローチするわけではありませんが、腸内環境を良くする効果があり間接的に必要な食べ物でもあります。

また、さつまいもには皮脂の過剰分泌を抑える効果もありますので、皮脂に悩まされている方にはオススメです。