ビタミンC誘導体はニキビ跡にとってどのような効果をもたらす?

ニキビ跡のシミや色素沈着を改善しようとネットで探していると、「ビタミンC誘導体が効果的」といった事が書かれているサイトが多くあります。

  • そもそもビタミンC誘導体って何?
  • ビタミンC誘導体はどのような効果があるの?

といった事が気になるかと思いますで紹介していきます。

 

ビタミンC誘導体って?

そもそもビタミンC誘導体って何なのでしょうか?
ビタミンCはよく聞くけれどビタミンC誘導体はあまり聞きませんよね?

ビタミンCは美肌効果に期待ができるとされていますが、ビタミンCは肌に浸透しにくいといったデメリットがある成分でもあります。
そこで肌に浸透しやすく開発されたのがビタミンC誘導体なのです。

そんなビタミンC誘導体は国にも美白効果があるとして認められています。
ビタミンC誘導体が配合された化粧水や美容液は「医薬部外品」」と呼ばれ、一般的な美容液や化粧水よりも効果が高いと言えます。

ビタミンC誘導体のニキビ跡への効果

そんなビタミンC誘導体はニキビにはとっても相性が良い成分なんです。

ビタミンC誘導体は以下の働きが期待できます。

皮脂の分泌を抑えてニキビ予防

  • 出来たニキビの炎症を抑える
  • シミの原因となるメラニン生成を抑える
  • 美白効果

このように、ビタミンC誘導体はニキビ関連の予防や改善に効果的です。
皮脂を抑える働きがあるので、そもそものニキビ予防にもなりますし、出来てしまったニキビの炎症(赤ニキビ)を抑える働きもあります。
そしてニキビ跡に出来る色素沈着の改善の美白効果にも期待が出来ます。

ビタミンC誘導体の種類

そんなニキビ関連の予防や改善に期待ができるビタミンC誘導体にはいくつか種類があるので注意する必要があります。
種類によっては、肌への浸透率も変わってきますので、当然効果も変わってきます。

浸透率が高い順としては

  • パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na
  • リン酸アスコルビル
  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
  • アスコルビン酸グルコシド

といった順番になっています。

浸透率が一番高い「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」は、美容クリニックなどで使用されており、他のビタミンC誘導体に比べて飛び抜けた浸透率があります。ニキビ専用美容液である「ベルブラン」にこのビタミンC誘導体を配合していることを確認出来ました。
浸透率が一番低い「アスコルビン酸グルコシド」は、薬局などに売っている1000円クリアの安い化粧水によく配合されています。

ビタミンC誘導体だからすべて良いのではなく、しっかり見極めておく必要があります。